宇宙エネルギーを具体的に使う

風天マーク

風天が観たので風天マークと名付けました。
初めはただ綺麗な形で心がスッキリするだけの働きでした。シールを作り大勢の人に分けていました。
使う人によって色々な働きが報告されてきました。
1~2年かけてわかってきたのですが使う人の意識に合わせてどんな働きもしてくれるのです。(但し、不調和、バランスを崩すような思いには反応しません)
使う人が増えれば増えるだけ働きが大きくなっているように思えます。

意識と形体を活用し、エネルギーを変換する。

図Aは、完全調和図で宇宙エネルギーの存在を表しています。力はあるけれど、何の働きもしません。すべて調和します。すべてを調和しているので動きがないのです。
Bは、意識した方向へ動き出し、働きに変わります。横線の(1)、(2)、(3)は陰陽の法則、愛の法則で永遠に変化しない宇宙エネルギーの存在そのものを表しています。
イ、ロ、ハは上に100、下に100の力で引っ張っているようなもので、動きません。また、上が結合の力、下が分解の力とします。分解しようとする力に意識をもっていきます。
意識は力ですからハ(ダッシュ)になり、(1)、(2)、(3)の力が分解の方向に働くのです。宇宙エネルギーは意識の力で働きに変えることができるのです。

風天マーク

風天マークは、愛の法則と因果の法則を組み合わせた十字架を更に具体的に働きやすい形にしたものです。
宇宙エネルギーをこの三次元で働く力に変換するパワーがあります。陰も陽も超越した 0 ( ゼロ ) のエネルギーです。
少し斜めにしてあるのは菩薩の弥勒菩薩半跏思惟像、片ひざを立ててすぐに飛んでゆく、すばやく効果が現れるように意識エネルギーを入れてあるのです。

知花先生に教えていただきました。
このテトラヒドロンを水の中にへ入れ、太陽の光を当てます。水の中で泡がブクブクと出てきます。
先生曰く、「この泡は酸素ですよ。」形体波動で酸素を作り出しているのです。

閉じる